φυβλαςのβλογ
phyblasのブログ



รวมคำศัพท์จากนิยาย ありふれた職業で世界最強 เล่ม 1
เขียนเมื่อ 2020/01/28 16:07
แก้ไขล่าสุด 2021/11/03 20:04
รวมคำศัพท์ใหม่ทั้งหมดที่พบในนิยาย ありふれた職業で世界最強 เล่ม 1

เนื้อหาในนิยายเล่ม 1 เทียบเท่ากับในอนิเมะตอนที่ ๑-๕



敵愾心てきがいしん 世界一般ではオタクに対する風当たりは確かに強くはあるが、本来なら嘲笑程度はあれど、ここまで敵愾心を持たれることはない
真摯しんし それを嫌な顔一つせず真摯に受け止めるのだから高校生とは思えない懐の深さだ
晒されながら、ハジメは頬を引き攣らせて挨拶を返す
毛頭もうとうない しかし、まさか自分に恋愛感情を持っているなどと自惚れるつもりは毛頭ない
気後うおく ダース単位で惚れている女子生徒がいるそうだが、いつも一緒にいる雫や香織に気後れして告白に至っていない子は多いらしい
台座だいざ そして、おそらくこの状況を説明できるであろう台座の周囲を取り囲む者達への観察に移った。そう、この広間にいるのはハジメ達だけではない
広間ひろま
烏帽子えぼし 意匠の凝らせた烏帽子のような物を被っている七十代くらいの老人が進み出てきた
拮抗きっこう 戦力は拮抗し大規模な戦争はここ数十年起きていながらしいが、最近、異常事態が多発しているという。それが、魔人族による魔物の使役
使役しえき
神託しんたく そこで一度言葉を切ったイシュタルは、「神託で伝えられた受け売りですがな」と表情を崩しながら言葉を続けた
恍惚こうこつ イシュタルはどこか恍惚とした表情を浮かべている
無下むげ 「そうですな。エヒト様も救世主の願いを無下にはしますまい」
燦然さんぜん その途端、足元の魔法陣が燦然と輝き出した
山肌やまはだ 山肌からせり出すように建築された巨大な城と放射状に広がる城下町
せり
胸三寸むねさんずん 自分達の帰還の可能性と同じく、世界の行く末は神の胸三寸なのである
畏敬いけい 道中、騎士っぽい装備を身につけた者や文官らしき者、メイド等の使用人とすれ違うのだが、皆一様に期待に満ちた、あるいは畏敬の念に満ちた眼差しを向けて来る
うやうやしい そこで、おもむろに手を差し出すと国王は恭しくその手を取り、軽く触れない程度のキスをした。どうやら、教皇の方が立場は上のようだ
教皇きょうこう
豪放磊落ごうほうらいらく 彼は豪放磊落な性格で、「これから戦友になろうってのに何時までも他人行儀に話せるか!」と、他の騎士団員達にも普通に接するように忠告するくらいだ。ハジメ達もその方が気楽でよかった。遥か年上の人達から慇懃な態度を取られると居心地が悪くてしょうがないのだ
慇懃いんぎん
神代じんだい まだ神やその眷属達が地上にいた神代に創られたと言われたと言われている
瞠目どうもく 他の生徒達も瞠目している
野太のぶと 何事かと注目する生徒達に、メルド団長は野太い声で告げる
しみ 「まぁ、気楽でいいさ」と、少し負け惜しみ気味に呟くハジメ
恫喝どうかつ お礼を数枚取り出すも、それを受け取った後、不良達が更に恫喝しながら最終的には財布まで取り上げた時点でつい体が動いてしまった
籠手こて 龍太郎は、空手部らしく転職が”拳士”であることから籠手脛当てを付けている  
脛当すねあ
無手むて 無手でありながらその姿は盾役の重戦士のようだ
所在無しょざいな 戦闘に余裕があるので所在無げに立ち尽くすハジメを構ってやるかと魔物をけしかけてみたのだ
顕現けんげん たった一回、一分だけの防御であるが、何者にも破らせない絶対の守りが顕現する
呆然ぼうぜん 呆然と、混乱に陥り怒号と悲鳴を上げるクラスメイトを見る光輝は、ぶんぶんと頭を振るとハジメに頷いた
怒号どごう
余波よは 戦いの余波が届かないよう石壁を作り出している。気休めだが無いよりマシだろう
瓦解がかい 騎士団員達のサポートがなくなり、続々と増え続ける魔物にパニックを起こし、魔法を使いもせずに剣やら槍やら武器を振り回す生徒がほとんどである以上、もう数分もすれば完全に瓦解するだろう
三半規管さんはんきかん 直撃は避けたし、内蔵などへのダメージもないが、三半規管をやられ平衡感覚が狂ってしまった
なけなし ハジメは、なけなしの力を振り絞り、必死にその場を飛び退いた
ツカツカ その時、メルド団長がツカツカと歩み寄り、問答無用で香織の首筋に手刀を落とした
微動びどう 顔を膝に埋め微動だにしない
仄暗ほのぐら 葛藤する檜山は、「いっそコイツも」と仄暗い思考に囚われ始める
雄弁ゆうべん ハジメが奈落へと転落した時の香織の姿。どんな言葉より雄弁に彼女の気持ちを物語っていた
ズキズキ ボーとする頭、ズキズキと痛む全身に眉根を寄せながら両腕に力を入れて上体を起こす
眉根まゆね
活路かつろ だからこそ、死の淵でハジメは無意識に頼り、そして、それ故に活路が開けた
ほふく がむしゃらに錬成を繰り返す。地面をほふく前進の要領で進んでいく
すが そして縋り付くように、あるいは惹きつけられるように、その石の手を伸ばし直接口を付けた。すると、体の内に感じていた鈍痛がかかったようだったがクリアにより倦怠感も治まっていく
鈍痛どんつう
もや
倦怠けんたい
横倒よこだお ハジメは、現在、横倒しになりギュッと手足を縮めて、まるで胎児のように丸まっていた
獲得かくとく 生きるために、生存の権利を獲得するために、そのようなことは全て些事
些事さじ
完膚無かんぷなきまで 今この瞬間、優しく穏やかで、対立して面倒を起こすより苦笑いと謝罪でやり過ごす、香織が強いと称した南雲ハジメは完膚無きまでに崩壊した
脈打みゃくう ドクンッ、ドクンッと体全体が脈打つ
うずくま そんなことを言いながら、こちらを警戒しつつ蹲る爪熊を睥睨するハジメ
睥睨へいげい
あわや 二人もハジメの死に思うところがあったのだろう。何せ、撤退を渋った挙句返り討ちにあい、あわや殺されるという危機を救ったのはハジメなのだ
語弊ごへい 否、何も見つからないというのは語弊がある
いなす ドンナーと”豪脚”で何とかいなすが、そんなハジメに、サソリモドキの散弾針と溶解液の尻尾がピタリと照準を定めているのが視界の端に見えた
照準しょうじゅん
防波堤ぼうはてい もしかすると、ハジメが目的のためには本当の意味で手段を選ばない外道に落ちないための最後の防波堤に、ユエがなり得るということを無意識に感じているのかもしれない
はなすす というと、いつの間にかユエの方からグズっと鼻を啜るような音が聞こえ出した
洞察力どうさつりょく 洞察力に優れ、人の機微に敏感な雫には、香織が本心で大丈夫だと言っているのだと分かった
機微きび
殊勝しゅしょう 一時期はギクシャクしたものの、檜山の殊勝な態度に友情を取り戻していた
気丈きじょう 怒りもあらわに生意気な術者を睨みつけるが、鈴も気丈に睨み返し一歩も引かない
暗黙あんもく 今では、暗黙の了解としてその時の話ははないようになっているが、事実は変わらない。だが光輝はその事実を忘れてしまったのか、あるいは意識していないのか、ベヒモスさえ倒せばハジメは浮かばれると思っていたようだ
かばれる
警鐘けいしょう 本能が激しく警鐘を鳴らし、ハジメは、その場を全力で飛び退いた
縦割たてわ ハジメの逡巡を察したのか、それは奥の縦割れの暗がりから現れた
とて だが、ユエとて女。多少の夢は見るせめてちょっとくらい躊躇って欲しかったのだ
凄絶せいぜつ 常人ならそれだけで心臓を止めてしまうかもしれない凄絶な殺気がハジメ達に叩きつけられた
生半可なまはんか それに生半可な言葉では、再度黒紋様の頭の餌食だろう
餌食えじき
恐慌きょうこう 黒紋様の頭が、ユエに恐慌の魔法は効かないと悟ったようで今度はハジメにその眼を向ける
排莢はいきょう ハジメはスタッと地面に着地し、煙を上げているシュラーゲンから排莢した
せりがる 何事かと、ハジメがユエの視線を辿ると、そこには音もなく七つ目の頭が胴体は部分からせり上がり、ハジメを睥睨している光景があった
満身創痍まんしんそうい それは紛れもなくハジメだった。満身創痍のまま荒い息を吐き、片目をきつく閉じてユエを抱きしめている
たのみのつな 「最後はお前の魔法が頼みの綱だ………やるぞ、ユエ俺達が勝つ!」
幻視げんし パタパタ振られる尻尾を幻視しながら微笑む香織
才媛さいえん リリアーナは、現在十四歳の才媛
豊穣ほうじょう 光輝達が迷宮での疲れを癒やしつつ、居残り組にベヒモスの討伐を伝え歓声が上がったり、これにより戦線復帰するメンバーが増えたり、愛子先生が一部”豊穣の女神”と呼ばれ初めていることが話題になり彼女を身悶えさせたりと色々あったが、光輝達はゆっくり迷宮攻略で疲弊した体を癒した
身悶みもだ
すがめる 物理的にも精神的にも衝撃覚めやらぬ光輝に、少し目を眇めて考えるような素振りを見せていた護衛の男は、不意に随分と不遜を感じさせる態度と声音で訪ねた
酷評こくひょう 光輝の返答を含みをもってリピートしながら、嘲るでも侮るでもなく、ただ淡々と事実を語るかのように酷評する護衛の男
つぐ 自分の言葉を遮って放たれた言葉に、光輝は思わず口を噤んだ
粗野そや 我等が神の使徒を侮るなどあるはずがない。粗野な言葉遣いは、国柄ということでご容赦を
国柄くにがら
なまめかしい 「……んぅ〜……んっ……ぁ」と、実に艷かしく喘ぐユエ
あえ
鼻腔びくう 触り伝わり、更に、ふらりと甘い香りが鼻腔擽る。ハジメは激しく動揺した
くすぐ
あだなす を滅ぼさんと神に仇なした”反逆者”のレットルを貼られ”解放者”達は討たれていった
レットル
一昔ひとむかし 一昔前のハジメなら何とかしようと奮起したかもしれない
奮起ふんき
めぼしい ハジメとユエは書棚にかけられた封印を解き、めぼしいものを調べていく
所狭ところせましと 中には、様々な鉱石や見たこともない作業道具、理論書などが所狭しと保管されており、錬成師にとっては楽園かと見紛うほどである
見紛みまが
つくえる 奈落の底で、常識はずれの化け物達を相手に体と心を作り替えてまで勝利し続けたハジメも、ユエの猛攻には太刀打ち出来ず勝率はゼロパーセントだ
猛攻もうこう
般若はんにゃ 遠くで、とある女子生徒がス◯ンド的な般若を背後に浮かべ、親友が怯えるという事態が度々発生していたが、それはまた別の話
劣悪れつあく たとえ、谷間の劣悪で過酷な環境のせいで薄汚れてしまい、服装もボロを纏っただけの見窄らしいものだったとしても、男なら誰でも視線を奪われるほどに
薄汚うすよごれる
見窄みすぼらしい
決然けつぜん それよりも、魔力はともかくとして”瞬光”や”限界突破”など、体への負担が激しい技能を連発しているハジメの方が問題ではあったのだが、ハジメの決然とした眼差しを見れば止めるのは無理というものである
気味きみ ……ん。やっぱり、ちゃんとした料理に比べると気味ない
沽券こけん やはり、そこにあるのは男の意地とか、沽券とか、毎度骨抜きにされて堪るかという、あんまり意味の無さそうな反抗心である
骨抜ほねぬ


-----------------------------------------

囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧

ดูสถิติของหน้านี้

หมวดหมู่

-- บันเทิง >> นิยาย
-- ภาษาศาสตร์ >> เรียนภาษา

ไม่อนุญาตให้นำเนื้อหาของบทความไปลงที่อื่นโดยไม่ได้ขออนุญาตโดยเด็ดขาด หากต้องการนำบางส่วนไปลงสามารถทำได้โดยต้องไม่ใช่การก๊อปแปะแต่ให้เปลี่ยนคำพูดเป็นของตัวเอง หรือไม่ก็เขียนในลักษณะการยกข้อความอ้างอิง และไม่ว่ากรณีไหนก็ตาม ต้องให้เครดิตพร้อมใส่ลิงก์ของทุกบทความที่มีการใช้เนื้อหาเสมอ

目次

日本による名言集
モジュール
-- numpy
-- matplotlib

-- pandas
-- manim
-- opencv
-- pyqt
-- pytorch
機械学習
-- ニューラル
     ネットワーク
javascript
モンゴル語
言語学
maya
確率論
日本での日記
中国での日記
-- 北京での日記
-- 香港での日記
-- 澳門での日記
台灣での日記
北欧での日記
他の国での日記
qiita
その他の記事

記事の類別



ติดตามอัปเดตของบล็อกได้ที่แฟนเพจ

  記事を検索

  おすすめの記事

ตัวอักษรกรีกและเปรียบเทียบการใช้งานในภาษากรีกโบราณและกรีกสมัยใหม่
ที่มาของอักษรไทยและความเกี่ยวพันกับอักษรอื่นๆในตระกูลอักษรพราหมี
การสร้างแบบจำลองสามมิติเป็นไฟล์ .obj วิธีการอย่างง่ายที่ไม่ว่าใครก็ลองทำได้ทันที
รวมรายชื่อนักร้องเพลงกวางตุ้ง
ภาษาจีนแบ่งเป็นสำเนียงอะไรบ้าง มีความแตกต่างกันมากแค่ไหน
ทำความเข้าใจระบอบประชาธิปไตยจากประวัติศาสตร์ความเป็นมา
เรียนรู้วิธีการใช้ regular expression (regex)
การใช้ unix shell เบื้องต้น ใน linux และ mac
g ในภาษาญี่ปุ่นออกเสียง "ก" หรือ "ง" กันแน่
ทำความรู้จักกับปัญญาประดิษฐ์และการเรียนรู้ของเครื่อง
ค้นพบระบบดาวเคราะห์ ๘ ดวง เบื้องหลังความสำเร็จคือปัญญาประดิษฐ์ (AI)
หอดูดาวโบราณปักกิ่ง ตอนที่ ๑: แท่นสังเกตการณ์และสวนดอกไม้
พิพิธภัณฑ์สถาปัตยกรรมโบราณปักกิ่ง
เที่ยวเมืองตานตง ล่องเรือในน่านน้ำเกาหลีเหนือ
ตระเวนเที่ยวตามรอยฉากของอนิเมะในญี่ปุ่น
เที่ยวชมหอดูดาวที่ฐานสังเกตการณ์ซิงหลง
ทำไมจึงไม่ควรเขียนวรรณยุกต์เวลาทับศัพท์ภาษาต่างประเทศ

月別記事

2024年

1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2023年

1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2022年

1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2021年

1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2020年

1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

もっと前の記事

ไทย

日本語

中文