φυβλαςのβλογ
phyblasのブログ



รวมคำศัพท์จากนิยาย 終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか? เล่ม 1-6
เขียนเมื่อ 2020/12/29 14:45
แก้ไขล่าสุด 2020/12/31 20:49
รวมคำศัพท์ใหม่ทั้งหมดที่พบในนิยาย 終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか? เล่ม 1~6 พร้อมยกประโยคที่คำศัพท์นั้นๆปรากฏมาด้วย

เรื่องนี้เนื้อเรื่องต่อมาจากเรื่อง 終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? ซึ่งได้เขียนรวมคำศัพท์เอาไว้ใน https://phyblas.hinaboshi.com/20190414






เล่มที่ 1

妙手みょうしゅ この子の家の連中には、相当の妙手に見えていたに違いない
雄々おおしい やたらと雄々しい悲鳴をあげて、思いきりのけぞった
享楽きょうらく その力を駆使し、最盛期の堕鬼種の中には、小国をまるごと享楽と堕落に沈めていたなどという偉人もいたらしい
豪放ごうほう 一見して豪放なだけの動きのすべてが、繊細に形づくられている
足払あしば 足払いを仕掛けようにも軸足は宙を廻っている最中だし、そもそもその勢いを見れば、どこかに触れただけでこちらが吹き飛ばされることは自明の理
軸足じくあし
常套じょうとう 手品師のようなその動きは、つまり短刀使いの常套の動きでもある
粉砕ふんさい 樽を斧で粉砕するような豪快な音を立て、獣人は転倒する
豪快ごうかい
転倒てんとう
怨敵おんてき 〈獣〉の仕業に見せかけ、怨敵を沈めようとする軍も出てきた。侵略の事実はないすべては情報工作で陰謀だ、という風聞が飛び回った
風聞ふうぶん
憲章けんしょう 意思決定は大陸群憲章にのみ委ね、他のあらゆる法や良識などには従わない
良識りょうしき
勲功くんこう 問題は、まだ若く、実戦で勲功を積む機会に恵まれてこなかったことだ
哨戒しょうかい 実際、そういう用途に使うためだけに、三位哨戒武官や二位呪器技官といった、「お飾り専用」の位官の席が用意されているくらいなのだから
盛大せいだい 自分のことは盛大に棚にあげて、フェオドールは少女たちの姿を見回した。
「だから、現実を見ようってば」
「いやいや。どう見ても、育ちの良いお嬢さんたちです。こう言っちゃなんですけど、うちの師団は下品の巣窟ですよ?本当に受け入れちゃっていいんですか?」
巣窟そうくつ
若輩じゃくはい 重要な任務を僕などのような若輩に預けていただき、光栄に思っています
好人物こうじんぶつ 何せ、フェオドール・ジェスマンは、好人物だ。穏やかで、良心的。誰にでも優しく、そして同時に厳しい。多くのことに優れるが、そのことに驕ることもない。常に前向きで、高い目標を持ち、努力を怠らない
おご
支離滅裂しりめつれつ 五年前、〈五番目の獣マテルノ〉や〈十一番目の獣クロワイヤンス〉と戦った者たちは、皆そのまま死んだ。混乱を極めた戦闘記録は支離滅裂で、どう読み解こうともせいぜい
羽音はおと ばさり、羽音を残してナックスが姿を消す
猛者揃もさぞろいの 奇妙に思って、猛者揃いの第二師団に所属しているのではなかったかと尋ねてみた
剛毛ごうもう 狼の剛毛の上からでも、少し顔が赤くなっていたような気がした
狭量きょうりょう けちで結構。狭量にルールを回す者が社会を維持し、鷹揚にルールを破る者が社会を動かすんだ。大事なのはバランスと役割分担だけ
鷹揚おうよう
品揃しなぞろ この店、品揃えにあんまりバリエーションないんだけどさ、素揚げのやつだけで充分にあまいよね?
素揚すあ
概略がいりゃく だから、自分自身で扱うことこそできないが、フェオドールはその概略を知っている
鋭意えいい というわけで、俺は、これ後の訓練を生き残るべく、鋭意休憩中。用件があるなら後にしてくれよ、四位武官ドノ
存外ぞんがい 見た目からただの女の子かと思いきや、戦闘力は存外に高い模様。となると、あれは今回の作戦に合わせた増援で、協力な戦力になる……のかとも思ったんだけど
増援ぞうえん
うわつら だいたい、直接の上官に相当するはずの僕でさえ、本当に簡単な、上っ面だけの管理だけしか命じられてないんだよ?
伝手つて 了解。第二のほうの伝手は少ないけど、あたってみよう
怒号どごう 訓練の後の時間、怒号飛び交う食堂でのことである
底抜そこぬ 怯えを吹き飛ばすのは勇気だ。あのの持つ底抜け陽気さは、怯懦に落ちかけていた兵士たちに意地を吹き込み直した
陽気ようき
怯懦きょうだ
貴殿きでん むぅ。貴殿は四方八方に愛想が良いからな、すっかり忘れていたぞ
愚物ぐぶつ しかしそれでも、種族を理由に目を曇らせるような愚物ではなかったはずだ
豪胆ごうたん 死ぬかもしれない戦いを前にして、鈍感なのか豪胆なのか、とにかく平常心を崩さない精神力
備蓄びちく 飛ばし切りの方道飛行艇ワンショットシップ備蓄確認に使われる
積載量せきさいりょう 戦略艇『ウルティーカ』。護翼軍が保有する全飛空艇の中でも、最大級の出力と積載量を誇る一隻だ
べらぼう べらぼうな出力を扱いはきれるようにと駆動部分の部品はほぼ緋重鋼製、となればめちゃくちゃ重くなる機体をどうにか支えねばなるまいと、姿勢制御用のものも含めた回転翼は脅威の十六対、通常の大型飛空艇の四倍近い
駆動くどう
鋼製こうせい
気休きやす けれどあんなもの、気休めでしかない
魔除まよ 前にコロンが、甕いっぱいの魔除けの聖水を飲んで、おなかを壊していました
子煩悩こぼんのう 少し思案し、子煩悩の父親でしょうか
陽動ようどう その意図は、おそらく陽動。騒ぎが人目を集めている間に、どこかで何かの工作を行っていたのではないかという推測が、今のところ有力だと
不穏分子ふおんぶんし 不穏分子ということですか
悪寒おかん そうですか、その頷こうとしたところで、強い悪寒に襲われた
負債ふさい 問題は誰がその負債を抱えることになるかだ
愚行ぐこう 生きていればいつかは、愚行の罰を、どうしようもなく自分自身で受け入れなければいけないこともうる
はな びいいい、と薄紙でをかむ
ずぼら さて、どうかな。ただのずぼらというには、計算された散らかり方だが
散漫さんまん 散漫な集中力、定まらない視線、成功を期待するほうが難しいという状況での挑戦、必然の結果を迎えて終わった
公算こうさん パニバルが身を起こしてしまった今、すぐに追いつかれる公算のほうが高い
相場そうば そう、相場が決まっている。その原因を説明した理屈も聞いたことがある。
短絡たんらく 嫌いじゃなきゃ好きとか、そういう短絡的な考え方はよくないと思うな、僕は
議席ぎせき 議席持ちの商人が何人か、計画の一部を改竄して、空軍の一部を勝手に動かしてるんだよ。ああいうのはマジ参るよな、こっちのやる気が萎えちまう
える
銘柄めいがら 卵焼きにかけるソースの種類とか。好きなお菓子の銘柄とか
突貫とっかん 突貫で作られたもののはずだが、塗料のせいか、妙にぴかぴかしているのが印象的だった
友邦ゆうほう この者は、浮遊島大陸群最大にして究極の禁忌を犯し、我らが友邦たるコルナディルーチェの地を未曾有の危機に晒した
未曾有みぞう
一糸乱いっしみだれぬ 手に手に物騒な獲物を持った兵士たちが、一糸乱れぬ動きで、広場に入ってきた
異臭いしゅう なぜか、鼻をつく謎の異臭が漂ってきている
片鱗へんりん 掬い上げた端から砂が流れ込んできて、片鱗が見えたかと思った記憶をすぐに覆い隠してしまう
愛顧あいこ 長い間、ご愛顧ありがとうございました
画集がしゅう 「あの古本屋が消えたのは、僕にもショックだったよ。ウィルホルナキア・テナスの画集とか揃えてあったんだ」
「え、知らない。それ誰」
「ちょっと昔の猫徴族美人画絵師」
美人画びじんが
内蔵ないぞう 人形の家なんだけど、毎日決まった時間になったら住人が踊りだす、みたいなからくり仕掛けが内蔵してあるやつ
こんがり 手の中のドーナツに目を落とす。こんがりきつね色。軽くまぶしてある細かいものは、何かの植物の種を炒ったものだろうか
まぶす
おべんちゃら いやいや、いくら僕がインプだからって、いつも嘘やおべんちゃらばかり言ってるわけじゃないからね?
あてがう 「その『クトリ先輩』みたいになりたがってたのは、君のほうじゃなかった?どうして彼女のほうに男をあてがおうとするわけさ?」
あてがうって、ますます生々しいなぁ」
わざ 先週かけられた絞め技は本当にきつかった
帯剣たいけん それも知っている。彼女は帯剣戦闘において、完全我流ながら、とんでもない技量を見せていた
連打れんだ 代表的なところで二拍と三拍の繰り返しが『非常対応訓練』一拍と二拍で『全員自室に戻り待機』、第五師団のオリジナルとしては二拍を連打することになる『食堂在庫僅少につき早い者勝ち』など
僅少きんしょう
おもり 爆発現場だと判明している三か所には、すでにを兼ねた鉛の駒が置かれていた
策謀さくぼう 堕鬼種は、嘘に聡く、策謀に通じると言われる
復唱ふくしょう 時間がない。復唱省略でいいから、さっさと行け
革張かわば 一位武官は革張りの椅子に、深く背中を投げ出した
視認しんにん 目的地を視認できるところまで来て、フェオドールはようやく足わ止めた
大義たいぎ 僕らの大義のためにも、そっちのほうが都合がいいんだろう
美談びだん 僕はね、美談ってやつが、好きじゃないんだ
一矢いっしむくいる 弱者が一矢報いるための健気な努力
暴虐ぼうぎゃく 涙目のティアットが次々に繰り出す暴虐の刃(の腹)を、すべてギリギリでかわしていく
勲功くんこう 立派な勲功をあげたんだろうし、大陸群を何度も救ったんだろうし、自分たちの人生わ精一杯に生きただけなんだろうさ
純真無垢じゅんしんむく 後輩がどんだけ単純バカだったり純真無垢だったりしてるのかも気づかずにね二人だけでキレーなラブロマンスだけ見せつけて退場するとかね最悪だろ!?
分銅ふんどう 右腕を伸ばす。先ほど繰り出した分銅つきロープが、もどかしくなるほどゆっくりと時間の流れる視界の中、ようやくティアットの足首に絡みついた
汗顔かんがんいた 五年もかけて何してたんだと思うと、まったくもって汗顔の至りというやつです
かりそめ おそらくは、今の自分たちの妖精としての記憶こそが、かりそめのもの
朴訥ぼくとつ あるいは、さびれた街の軍事基地を舞台に、朴訥な田舎娘四人が、ゆるゆるのどかなオフィスライフを送る話になるかもしれません



เล่มที่ 2

仕立した 悲鳴わあげて、石畳の上を転がる。仕立ての良い外套が、たちまち煤と泥とで汚れる
外套がいとう
血走ちばし その目はほぼ例外なく恐怖に血走り、口々にわけのわからない悲鳴やら誰かの名前やら祈りの言葉やらを叫んでいる
ぼろきれ ぼろきれのようになって石畳に這いつくばっていたそれが、震えるよいにして、半身を起こす
這いつくばる
定評ていひょう 堕鬼種という種族は、実は逃げ足にも定評がある
奉射ほうしゃ もう、奉射祭の時期なのか
半壊はんかい 例の事件で港湾区画が半壊したから、今後の運用のために、ここ半年くらいの運行記録を整理し直したって
ずさん 港の数が多ければ、どうしても、その中には管理がずさんな場所も出てくる。そういうところを利用して、違法に物資をやりとりするような連中も出てくる
表通おもてどお だからきっと、新しくこの街に来たというその連中は、表通りを歩いていないのだ
得手えて 嘘に長け、逃げ足が速く、そして……それゆえに、策謀や陰謀の類をとにかく得手とする
胡乱うろん 護翼軍武官としてではなくフェオドール・ジェスマン個人としては、最近になって市内に増え始めた胡乱な連中のことについても何か手を打っておきたい
世渡よわた 外面のよさと世渡りのうまさだけで生きる堕鬼種の末裔としては、少々問題のある話かもしれない
ぽとり 林檎をむき終わる。皮がぽとりと地面に落ちる
委譲以上 その後も色々あって、最終的に護翼軍へと権利委譲されて現在に至る
持久力じきょうりょく 持久力にはあまり自信がない。フェオドールが特別に虚弱だというわけではなく、堕鬼の一族という種族自体に、体格や体力との縁がないのだ
最初に聞いた時には嘘だろうって思ったけど、君たちの浮き世離れっぷりを見てると納得できるねって痛い痛い痛い
手筈てはず 支給品は言質に届けてもらう手筈になってるから心配はご無用っすよ
黙秘もくひ その質問に対しては、黙秘を貫いた
嘆息たんそく ティアットは内心で嘆息する
横着おうちゃく たぶん、あれは正解だ。自分自身で答えを見つけられないから、大好きな先輩の模範解答の真似をしようとしている。そんな横着を見抜かれた
かまど ニズ大通りとベルホック螺子通りを繫ぐ小道。うめくように、ティアットは隣を歩くナックスに尋ねた。
「変装用だからな、我慢しよう。顔を隠して出歩いていても目立たないってのは、隠密の任務にはちょうどいい」
もごもごくぐもった声が返ってきた
かぎ
隠密おんみつ
もごもご
くぐもる
おおっぴら こんなに大っぴらに祭りを漫喫できる機会なんてそうそうないんだ、めいっぱい楽しむくらいの気持ちでいたほうが楽だぜ
手腕しゅわん あちこちから情報を抜き出す手腕は、相当のものっすよね
権化ごんげ 〈獣〉というのは、もちろん〈十七種の獣〉のことだろう。遭遇することがそのまま死と滅びに直結する、理不尽な破壊の権化。かつてあの地上を滅ぼし、今なお地上の支配者であり続けている者たち
げきばす これ、つまり、絶対失敗するなって檄を飛ばされてるんだよね?
生気せいき あまりに生気に欠けていたため、初めは死体ではないかと疑ったのですが、どうやらそういうわけではない
一介いっかい まして、一介の兵士に過ぎん俺が、是非を判断することなど、決してしてはならない
黙考もっこう 数秒の黙考。何かを思いついた顔
拝借はいしゃく くうかくうかと寝息を立てるリンゴたちの傍らから、オモチャの剣を二振り拝借
私闘しとう 私闘は禁じられてるし、こんな時間じゃ模擬戦闘の許可も出ないぞ」
「そんな大層なものじゃない。二人で楽しま仲睦まじく、オモチャで遊ぼうというだけだ。申請なんてしたら、かえって笑われるぞ」
仲睦まじい
教本きょうほん 教本に載っているような、模範的な受けをすればいい
雄弁ゆうべん 交わったままの剣は、彼女の「物足りない」という気持ちをこれ以上ないほど雄弁に語っていた
互角ごかく 彼女は魔力を熾してもいないらしく、腕力はほぼ互角
体捌たいさば パニバルの反射神経と体捌きは、自分のそれとは比べものにならないくらい高い水準にある
剣豪けんごう 辺境の浮遊島の山奥で伝説の剣豪がひそかに編み出して伝えた秘剣中の秘剣とか、そういうやつだ
弁舌べんぜつ 一つの勝負は百の弁舌に勝る。フェオドールのことは、それなりに理解できたぞ
討滅とうめつ だから、空に達した〈六番目ティメレ〉は、速やかに私たちが討滅しなければならなかった
札束さつたば しかしそこに、けっこうな額の札束を抱えた商人がやってきてな
間引まび だから僕は、浮遊島を間引きたい
旗色はたいろ 後者の結末を防ぐべく自分たち護翼軍がいま戦力を調えている最中ではあるが、旗色ははっきりいって最悪に近い
下世話げせわ 下世話な笑み。死者の仮面が似合わないことこの上ない
筋書すじが 悪い人間種の勇者に皆殺しにされた獣人の生き残りたちが、星神と土神の導きを受けて、新しい大地へと旅立っていく。そんな筋書き
色事師いろごとし 色事師とか詐欺師とか政治家とかがよく使う思考誘導だよ
腹芸はらげい そして、この正直な少女には、その気持ちをとっさに隠すような腹芸はできなかった
吐露とろ けれど、もしあの時の言葉が、彼がそれまで隠し通していた激情の吐露だったとしたら
書簡しょかん ポス、というのは、書簡回収を行う自律人形ゴーレムの愛称だ
経費けいひ もともとリンゴたちの世話は護翼軍の正式な任務の内であり、その過程で必要になった物資の費用は基本的に経費で落ちる
手垢てあかがつく 手垢のついた、ただ吹いてを肯定するためだけの言葉
あやす やはり堕鬼の連中は犬猫をあやすのがうまい
ガゼボ 案の定。そのガゼボの屋根の下にね二人の子供の姿があった



เล่มที่ 3

荷礼にふだ 荷札は間違っていないか。数量は記載されている通りか。配送のどこかの過程で、不良軍人によるちょろまかしが発生していたりはしないか
ちょろまかす
迷走めいそう その上で、ここ二、三年の護翼軍は、迷走を始めている。コストのかかる兵器を解体したり、逆に有効度のわかりにくい新たな兵器に巨費を注ぎ込んだり
巨費きょひ
足並あしな 五人がそれぞれに違う手段を心に得がれば、当然、足並みは揃えない
目方めかた たぶんだが、単純に目方を比べるのなら、ティアット自身の体重よりもずっと上……のはずだ
受肉じゅにく そして受肉した死霊であるティアットら妖精は、本来の意味では生きてすらいない存在だ
十全じゅうぜん 持ってる力を十全に使いこなせてるってのも、立派な才能だろ?
はためく ばさり、と鷹翼種フォーコンの翼が一度大きくはためく
図太ずぶと きみってときどき、言うことすごく図太くなるよね
杜撰ずさん 今回の事件の詳細を聞き確かめてみれば、それはあまりに杜撰で偶発的で外連に欠けて、つまりは「姉らしくない」ように思えたのだ
独居どっきょ よって、所属する軍人が悪さをした時に独居監房にブチ込むのとはわけが違うのだ。一般の犯罪者を捕まえておくなどという権利はない。「度重なる事件のせいでライエル市の拘留施設が麻痺しているため一時的に犯罪者が護翼軍に委託されている」
監房かんぼう
度重たびかさなる
拘留こうりゅう
委託いたく
物憂ものう この女性がときどき浮かべる物憂げな表情などには、意味もなく動揺させられたりもする
処世術しょせいじゅつ 興味だけで気密に鼻づら突っ込むわけにもいかないでしょう?知るべきじゃないことを知りたがてはいけない。そのくらいの処世術は弁えてますよ
曲者くせもの その尻はちょうど、今の今まで部屋の会話の盗み聞きをしていた曲者が慌てて逃げ出そうとして足をもつれさせてしまい、頭から床に突っ伏したばかりのような形をしていた
相槌あいづち 誰に言われるでもなく。誰に問われるでもなく。自分自身でも何に対する相槌なのかを把握せずに。それでいて、そのことに疑問すら抱かずに。フェオドールは頷く
形骸化けいがいか 理想の言葉は形骸化し、個々の欲望を正当化するための免罪符に成り果てる
免罪符めんざいふ
いくばく あと必要なものといったら、肝心なところでミスをしない繊細さと慎重さと大胆さと、そしていくばくかの幸運くらいだろうか
実入みい 多少ならずリスクを覚悟する必要はあるが、それを容れるだけの実入りはあるということなのだろう
体術たいじゅつ 剣の扱いは知っている。体術の基礎もかじってある
呼気こき 呼気を読まれでもしたのか、肺の中が涸れているタイミングを狙われたせいで、とっさの悲鳴すらあげられない
舌先三寸したさきさんずん 「悪しき言葉」に相当するものであろう舌先三寸はまだしも、「呪われた瞳」にあたる邪視の力は、当の堕鬼種たちが存在を忘れそうになるほど、弱り切ってしまっていた
擦過傷さっかしょう さんざん地面を転がったせいで、あちこちに擦過傷が出来ていた
総動員そうどういん 手の空いた兵士たちを総動員しての人海戦術、とはいかない
傘立かさた 雨宿玄関前の傘立てから誰かの私物であろう安い傘ひとつを拝借し、雑囊を肩にひっかけて、フェオドールは暗い街中へと向かう
雑囊ざつのう
ものものしい ものものしいね。何かあったのかい?
野卑やひ 野卑で粗雑そうな風貌に似合わず、ギギルの落ち着いた対応には確かな知性が感じられる
徴用ちょうよう この子は、その才能のせいでこの島まで強制徴用されてきた
採光さいこう 窓は、高いところに採光と換気のためのものがひとつあるだけ。壁の作りもしっかりしていて、防音も期待できそうだ。つまり、身を隠すための場所としては申し分ない
もうぶん
仕立したてる ご希望の装束があるようでしたら、仕立てることもできますガ
ずしり ずしりという確かな重み
こんちくしょう あのこんちくしょうの背中を追うことだけを考えて歩いているうちに、人気のない──これは街中どこへ行っても似たようなものではあるが──裏路地に入り込んでしまっていたらしい
から いろいろ搦め手を好みはするが、本気の勝負手は常に、真正面からの正攻法。そこまで見えてりゃ、フェイントなんて何の役にもたたんよ
正攻法せいこうほう
否応いやおう 呼吸が止まり血流が乱れ、意識すらもが否応もなく薄れていく
印璽いんじ 配達人が差し出す封筒には、確かに、鳥の羽を象った印璽刻印されている
刻印こくいん
封蝋ふうろう 女性の指先が、乱暴に封蝋を砕いた
つんざく 耳をつんざくような爆音。
少し遅れて、彼方の岩壁に大穴が開く
空元気からげんき それが空元気でしかないとしても、暗く沈んでいるだけよりはずっといい
途方とほうれる クトリだったらきっと、今のあんたみたいに、途方に暮れてたっすね
篭手こて 本当に邪魔だな、この篭手!?



เล่มที่ 4

ずみ ひとつは互いのちからを高め合う訓練の場において、敵を消し炭にするようなタイプの強さは発揮のしようがないということ
いきどお なんでフェオドール側についてるんという憤りとか
破砕はすい あれならば、〈十一番目の獣クロワイヤンス〉の守りの上から39番浮遊島を破砕できたかもしれない
酔狂すいきょう もちろん、あの艇は半ば以上が技術室の酔狂の産物だったため、製造コストは他の艇の比ではなかった
ひっきりなし 港湾区画にはひっきりなしに補給艇が発着し、物資が次々に運び込まれる
奇矯ききょう どうした。今日の君はまた、一段と奇矯な振る舞いが目立つな
闇討やみう ささいなことだよ、少なくとも闇討ちの類ではない
屈指くっし 規格外の射程と破壊力を持ち、地上からの砲撃で大型の飛空艇をすら墜としてのける、浮遊大陸群屈指の役立たず兵器である
自軍じぐん そして、軌条の敷かれた場所でしか運用できないということは、自軍工兵が十全の仕事をできる場所でしか仕事をしないということ
工兵こうへい
謀略ぼうりゃく 謀略に長けた堕鬼種の生まれである……というだけではないのだろう
無粋ぶすい 何が彼を変えたのか。そのあたりの追及するほど無粋ではないつもりではいたが
苔色こけいろ しかし窓の向こうに見えているものは、まるで貼り付けられた絵画のように変化のない、苔色と白と青の三色だけ
拘泥こうでい ならば、兵器そのものだけに拘泥していても仕方がない
緩急かんきゅう ぼやきながら、フェオドールはわずかに顔をしかめた。痛覚の波が緩急をつけながら襲ってくる。表情に出さないようにしたくとも、気を張り続けられない
寝台しんだい そのまま、軽い荷持か何かのように、寝台まで運ばれる
接舷せつげん 飛空艇というものは原則的に、設備の整った港湾区画にしか接舷できないようにできている
むかっと むかっとした。そして、それでもやっぱり少しは嬉しいなと感じ自分自身に、なんて単純なやつなんだしっかりしろと、少し呆れた
みちすがら 道すがら、奇妙なものを、街のあちこちに見かけた
フェイルセーフ 妖精兵調整の技術についちゃ、関係者でもごく一部しか具体的なところを知らねーらしいからな。そのごく一部を全滅させて、うまいことフェイルセーフも潰してしまえば、簡単に途絶しちまう
金目かねめ 金目のものを狙った、というようには見えなかったけれど
高潔こうけつ この子は、この高潔な女性は、愛が深すぎる
慧眼けいがん そいつはご慧眼。個人的にはいまだに、なんでまたこんな窮屈な服なんざ着てるのか納得できてねーところがありましてね
遁走とんそう 帝国とはまた別、独立勢力の者が、目標たるマゴメダリを抱えたまま現在も遁走中だ
鉢合はちあわせ 今から引き返したら、別の道に入る前に鉢合わせすることになるだろう
むんずと むんずと。単眼鬼の襟もとを、ひっつかんだ
よそ 当たったところで大して痛くはなかっただろうけど、よそ行きの服に穴が開くのは嫌だったから
あじ じっとりとした視線と、切れ味鋭いナイフのような声
知悉ちしつ マゴメダリ・ブロントン博士。単眼鬼の医者。「黄金妖精兵の調整」の事情について知る数少ない者の一人であり、おそらくは、現場での具体的な手順まで知悉している唯一の存在
早計そうけい 博士が護翼軍を裏切ったか、あるいは護翼軍が博士を裏切ったか……いやこれは早計か、不確定の要素が多すぎる
結託けったく いや、下手に会わせたら、結託してこっちを泣かせに来るかもしれないけれど
同窓会どうそうかい 同窓会の通知を受け取った覚えも、もちろん出した覚えもない
専売特許せんばいとっきょ それって本来堕鬼種の専売特許みたいな生き方なのに、うちの血縁の誰より額眼種のあの人のほうが派手にやっちゃって
泰然たいぜん いつも泰然と構え、すべてを見通し掌握しているというような顔をしているこの女のそんな表情を、少なくともナイグラートは初めて見た
さら 現在の護翼軍に残されている書類を浚えば、そのくらいのことまでは分かる
なじ 無情ともとれる返事に大して、責めることも詰ることもしなかった
かおぶれ なるほど、マゴメダリの目から見て、このフェオドールこそが、今この場にいる顔ぶれの中で最も自由に動ける者だと見えているのか
咎人とがびと そうだね。誰かが僕を咎人と詰ってくれるなら、もう少し、気が楽だったのかもしれない
粉末ふんまつ 粉末粉純化銀の反応が、陰性だったわ
風体ふうてい 護翼軍に手配されている自分と、見るからに怪しげな風体の〝スパーダ〟、どちらも見咎められれば「夜の散歩です」でごまかせなさそうな身の上だ
手斧ちょうな 小箱は、手斧か何かで叩き潰された姿で、床の上に転がっていた
素行そこう この説明で納得されてしまうあたり、学術院時代の姉の素行が思いやられる
出立しゅったつ というわけで、出立の時間です!
かく 隠れ家から港湾区画への道を、自分自身の目で確かめる
余白よはく 手配書も回ってるし、余白に『負傷状況を問わない』って書かれてる
取調室とりしらべしつ 取調室で、不幸な事故が起きる
妄念もうねん (……そんなわけ、ないか)
妄念を振り払う



เล่มที่ 5

ざら 予め、住処を追われる者たちの受け皿を用意しなければならない
半永久的はんえいきゅうてき 浮遊大陸群を、半永久的に空の箱庭として留めておくことが叶うだろう
ずりずり そのままずりずりと、両腕両足を大きく広げたまま、ずり落ちた
遠雷えんらい 遠雷のように、重く低い声
霊廟れいびょう いろいろと扱いの難しい剣だったようでな、当時の地上では専用の霊廟でほぼ置物状態だったと聞いていたが
百戦錬磨ひゃくせんれんま ような、百戦錬磨の精鋭兵団などではない
横槍よこやり この医者は結構な要人であり、貴翼帝国もその身柄を狙っているし、ナイグラートという喰人鬼が謎の横槍を入れてもいる
隆々りゅうりゅう そして、筋骨隆々の背中といかつい黒山羊の後ろ頭とを確認し、すぐに首を引っ込める
狼藉者ろうぜきもの 状況に依る。これ以上に狼藉者が増え、戦況が混沌を孕むならば、いずれ我らは大きな判断と選択を迫られることとなるだろう
正道せいどう 正しく任を果たすために冷費やすならば、惜しむようなものではないな。兵や将の命の使い道としては正道
おおせる 移動しながらでは、とても隠れ果せられるとは思えない
加えて、地の利は完全に向こうにある
静穏せいおん 残りは、古都の静穏をかき乱すこの暴走車を前にしても、無感動にぼんやりと眺めてくるだけだった
隘路あいろ つまり、『砦』の駒を、G8、盤上の隘路に配置する指し筋。劣勢にある将の駒を安全地帯に逃がすための、定番の一手のひとつ
潑剌はつらつ けれどあの表情、どこからどう見ても元気潑剌の曇りなき笑顔は、だからこそ逆に彼が何を偽装しようとしているのかをはっきりと教えてくれる
命題めいだい そして考えるのは、先ほどの命題
拿捕だほ 少年少女たち全員が自警団に拿捕されたついでに、いくつかの偶然が重なって、護翼軍がナサニアの素性に気づいた……という経緯らしい
仏頂面ぶっちょうづら ん、まあ、そこんとこは責任感じてなくもないけどさ。覚えてる?初めて会った時とか、あんたすんごい仏頂面だった
顧客こきゃく イエスであり、ノー。正確には、あんたという顧客の情報を同業者から買って、自分の手持ちのネタを高く売りつけられそうだと考えた情報屋だよ
栄華えいが 言い換えれば、現在そういう、いかにも計画性なく文字を足していったという家名を持つ家は、百年以上前から貴族として栄華を誇っていたということになる
月賦げっぷ 待ち合わせがあまり残ってないんだけど、月賦ってわけにはいかないかな
まろび フェオドールは運転席からまろび出た。水の音と鳥の声。平和な森の光景が広がっている
蝶番ちょうつがい 左の扉は蝶番ごとどこかに吹っ飛んでしまった
凄絶せいぜつ フードの下の素顔がどんなものであれ、〝スパーダ〟がこれまで凄絶な生を送ってきただろうという想像は、容易にできた
鳩尾みぞおち 一瞬前までフェオドールの鳩尾があった場所を、重たそうなブーツの底が容赦なく踏み抜いた
かくみの 浅く放った五種の急所狙いを隠れ蓑に、ノフトが本命の掌底を放つ
掌底しょうてい
守勢しゅせい ノフトの動きは鈍らない。一転して、ラキシュは守勢に回らされる
怒声どせい ノフトは悲鳴だか怒声だかよくわからない声を出している
算盤勘定そろばんかんじょう 久しぶりだな、ラーントルク。算盤勘定は上手くなったか?
具申ぐしん そのことにもどかしさを感じ、魔力攻撃テストを具申するつもりで総団長室まで来たのだ
いもづるしき マゴメダリ先生の言う『黄金妖精調整技術の危険性』の問題も芋づる式に解決する。何もかもがうまくいくんだ
幻惑げんわく コリナディルーチェの朝市に慣れていない者の多くは、まずこのスケール感の違いに惑い、そして幻惑される
横流よこなが というのが表向きの顔ですが、正体は地元の裏組織が運営する、盗品横流しの中継地点です
二束三文にそくさんもん 展示されているものは全て、二束三文の安物だそうですよ
画伯がはく たとえ高名な画伯の描いたものであっても、それを誰も欲しがらないならばそこに価値はない
昏倒こんとう 軽い拳で警備兵を一人昏倒させながら、ノフトは講義する
誘発ゆうはつ 広く知られたところでパニックを誘発するか、あるいは至天思想をより広める結果になるだけだ
錯綜さくそう そうでなくとも護翼軍が迷走しているいま、思惑は錯綜し、情報もまとまっていません
無骨ぶこつ 並べられた刀剣類は、どう見ても芸術性よりも実用性を重視して作られた無骨なもの
一環いっかん 逃げる、惑う、立ち尽くす、自ら命を絶つ、隣人を脅かす、欲しいものを得るために尊厳を捨てるなどなども、その一環。至天思想がさらなる流行を遂げることになるのも間違いない
緩衝かんしょう やたら緩衝材で包んでたくせに、中身はこんだけかよ。酒瓶か何か……にしてもちっちぇーな
習性しゅうせい サルベージャーの習性を、さも常識のように言わないでください
弱腰よわごし 対する市長の姿勢を弱腰だとして、罷免を訴える一団があること
罷免ひめん
単騎たんき 軍の拠点に単騎潜入させるなんて、いいえそれ以前に、あなたみたいな立場のひとが連れまわすこと自体、使い捨ての壁にする気にしか見えないけれど
独善どくぜん 幼稚さも、短絡さも、独善っぷりも、まるで足りていないと言っているのよ
ねぐら 教えてなかった予備を使ってたっていうのは、ちょっと盲点だったかしらね
荘厳そうごん やたらと展示用が高くて、その天井に何やら荘厳な絵まで描かれていて、巨大で重そうなシャンデリアが下がっていて
場末ばすえ 所詮は場末の情報室、貴族的な配慮には欠けているようだな!
とっくり 何がどうなったらこんなややこしい状況になんのか、とっくり聞かせてもらおうじゃねーか
鉄扉てっぴ 鉄扉の中央にでかでかと、『立ち入りを禁ずる』の張り紙
博打ばくち といっても、何もわからないし予算も下りないしで、すぐに諦めたらしい。ここ数十年、ずっと酒と博打の毎日だと言っていたか。彼は、最初期の二位呪器技官の一人なんだ
鶴嘴つるばし あー、労働環境劣悪な鉱山とかで鶴嘴片手に?
意表いひょう すっかり、意表を突かれた。けれど、少し考えて見れば、それはいかにも、ティアットの言い出しそうなことだった
後手ごてまわ 状況に対して、後手に回っているーーフェオドールはそう感じている
なりふり構わず 本当はなりふり構わず、ラキシュさんを遣い捨てるべきだったんだろうな
剥落はくらく 心が、剥落してゆく。そのことを、実感する。
自分の内側、深いところに封じられていたものが、殻を破って目を覚まそうとしている。そのことを、確信する
からやぶ
元締もとじ 物語の舞台装置ってことだね。そいつが全ての悪の元締めだから、いなくなれば世界から全ての悪が消える
巨悪きょあく とはいえもちろん、堕鬼種の子供が巨悪に憧れるのは当然のことであり、健全な話でもある
じめじめ 鏡の中には、もちろん、場末の宿の、薄汚れた狭い一室の光景。じめじめしたベッドと、その上に敷かれた毛布が一枚
佳境かきょうはい そんな感じでお送りしています当シリーズ、『終末なにしてますか?もう一度だけ、会えますか?』第四のエピソード、佳境に入ってまいりました!ていうか今回では終わんなかったですよコリナディルーチェ編!



เล่มที่ 6

我意がい 私は徹底抗戦派です。私が最後の一人になった以上、せもてその我意は通したい
方策ほうさく こんな自分でも、誰もが幸せになれる世界を望んでいたことが、あるのだ。そのための方策を真面目に考えていた頃が、あったのだ
露呈ろてい その目的は、反逆だ露呈し護翼軍に捉えられた夜に、諦めた
揺蕩たゆた 自身の心の内を見渡せば──物理的に何かをしたというわけではないが気分的にはそんな感じなのだ──辺りに光が揺蕩っているのに気づく
猛悪もうあく あの民間艇を墜としたのは、猛悪なる貴翼帝国の、有翼兵士である。
それ単体で戦いの口火を切るというほどではないにせよ、立派な大義名分
口火くちび
大義名分たいぎめいぶん
硬質こうしつ 受ける印象は遥かに硬質。敢えて喩えるなら、小さな鈴を何万と束ねての大合奏か。うねり、さざめき、そしてその中に何かの感情が……いや、感情の形すら得る前のかすかな情動が、表現されている
情動じょうどう
積荷つみに あるものといえば燃え上がる積荷のコンテナと、もしかしたら燃え残っているかもしれないその中身くらい
寂寥せきりょう それは、憤怒に似ていた。それは、信頼に似ていた。それは、憎悪に似ていた。寂寥に似ていた。それは、希望に似ていた。それは、不安に似ていた。それは、不安に似ていた。それは、望郷に似いていた。それは憧憬に似ていた。それは、焦燥に似ていた。それは、名前もつけられない無形の環状に似ていた
焦燥しょうそう
交易こうえき それなりに交易の盛んな都市だからだろう、道を行く人々の種族は様々で、その一方でその表情は一様に沈んでいる
稜線りょうせん 遠く、山の稜線の向こうに、黒煙が上がっているのに気づく。山火事か何かだろうか。憂鬱な気分に、さらに拍車がかかる
符丁ふちょう マゴメダリも護翼軍の関係者として、符丁の詳細までは知らないまでも、そういうものがあるということは聞かされている
慰撫いぶ 慰撫するにせよ制圧するにせよ、とにかくこの男を早く静かにしなければならない
駐屯地ちゅうとんち 護翼軍の駐屯地にたどり着く。この都市における護翼軍の立ち位置が如実に表れた、簡素な……遠目には安アパートにしか見えない建物
呼応こおう うっすらと熾されたナサニアの魔力ヴェネノム呼応し、刀身に淡い光を湛えている。遺跡兵装パーチェム
たたえる
真価しんか 人間種の遺した記録によれば、これは、悲しい戦いを終わらせる平和の剣なのだという。そしてそれを言い換えれば、状況が悲劇的な展開を迎えるまで──数多くの命がその場で奪われるまで、真価を発揮することがない
せわしない 終わりかけで忙しない世界の片隅で、言葉にせず救いを求めた者たちの物語を
だぼっと だぼっとした寝間着姿の、まだ少し眠そうな顔をしたティアット
頸椎けいつい その実はといえば、どう抵抗されても逃がさないように、頭骨と頸椎を上手い具合に極めている
ツケ 「宿代払ってなくない!?」
ツケにしといてもらおう!」
醜怪しゅうかい この街の本当の美しさを蝕んでまで守られねばならないものが、他にあるとでも?はん、そのような醜怪なもの、滅びて当然であろうが
気圧けおされる その思いが、気圧されていたマルゴの喉を開いて「あのっ」という声を出させ、「そう、私は無力だが──」しかし続きの言葉は、すぐに引っ込んだ。「我等は、そうではない」
隆起りゅうき 乾いた骨を踏み砕くような音を立て、男の肩が、内側から隆起する。高額そうなジャケットを内側から食い破り、何本かの腕が姿を現す 
高額こうがく
大音声だいおんじょう マルゴの耳もとに、鈴のような大音声。強烈な眠気。目の前がぐらりと揺れる。あら抗いきれない
銃創じゅうそう 銃創から流れる血は基本的に赤く、しかしところどころに青や緑が混じる
ぶら いや。本人が手ぶらだったっていうなら、まだ希望はあるかもしれない。ラキシュ君が目を覚ますよりも先にモウルネンを見つけて破壊できれば、あるいは──
高所こうしょ 高所から覗きをして捕まった鴉の話だとか、芸術指定された聖堂に糞を落とした鴫の話だとか、その手のエピソードをいくつか聞いたことがある
魔性ましょう ティアット・シバ・イグナレオは、魔力を熾した。死者に親しい者ほど大きな力を震えるという魔性の技術
にょきにょき 五年の間に手足が(あと髪も)にょきにょきと派手に伸びた、ノフト・カロ・オラシオンの姿
「食事中ならまだしも、ドンパチ中に考え事はどーかと思うぞあたしゃ!そりゃ現状問題山積みで、悩み事が頭から離れねーってのはわかるけどさ!」
ドンパチ
殲滅せんめつ 多少の時間はかかったが、その場の敵の殲滅は問題なく終わった
賛意さんい 正直を言えばフェオドールも同感ではあったけれど、この場に彼らを招いた当人という立場上、正直に賛意を示すわけにもいかない
斟酌しんしゃく そのへんの事情が分からないほど子供ではない。
が、そのへんの事情をいちいち斟酌してやる義理があるわけでもない
値踏ねぶ 老婆は動かない。値踏みの視線だけをじっとフェオドールに向けている
示威じい 示威が目的だったなら、他にいくらでもやりようはあっただろう
悔悟かいご ふたつの悔悟が、ふたつの嘆きが、ひとつに溶け合っている
肩口かたぐち 肩口に、衝撃でひしゃげた鉛の弾頭がめりこんでいる
ひしゃげる
弾頭だんとう
ながだま 流れ弾。あるいは、瓦礫に当たった弾が跳弾したか。苛烈な勢いで燃え盛る魔力に守られた「ラキシュ」を撃ち落とすため、兵士たちは火薬量の多い銃を使っている
跳弾ちょうだん
苛烈かれつ
さか
やわらぐ 耳を塞いだところで、圧力は少しも和らがない
持久戦じきゅうせん 持久戦は不利だと判断する。本来であれば、魔力を熾して戦っている側のほうが、体力の消耗は激しいはずだ
貴賤きせん 翼の色で貴賤の決められるあの国だは、鷹翼種というものはあまり良い扱いを受ける種ではなかった
猛禽もうきん 子供の目に、まるで獲物を狙う猛禽のような、好奇心の強い光が宿ったのを見る
直談判じかだんぱん そのあたりについての直談判をいま、遠い空の下で、ナイグラートががんぼってくれている最中のはずだ
とろける えへへぇ、と橙色の少女が目に見えて蕩ける。やれやれまったくこの子は、と草色の少女が肩をすくめる


-----------------------------------------

囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧囧

ดูสถิติของหน้านี้

หมวดหมู่

-- บันเทิง >> นิยาย
-- ภาษาศาสตร์ >> เรียนภาษา

ไม่อนุญาตให้นำเนื้อหาของบทความไปลงที่อื่นโดยไม่ได้ขออนุญาตโดยเด็ดขาด หากต้องการนำบางส่วนไปลงสามารถทำได้โดยต้องไม่ใช่การก๊อปแปะแต่ให้เปลี่ยนคำพูดเป็นของตัวเอง หรือไม่ก็เขียนในลักษณะการยกข้อความอ้างอิง และไม่ว่ากรณีไหนก็ตาม ต้องให้เครดิตพร้อมใส่ลิงก์ของทุกบทความที่มีการใช้เนื้อหาเสมอ

目次

日本による名言集
モジュール
-- numpy
-- matplotlib

-- pandas
-- opencv
-- pytorch
機械学習
-- ニューラル
     ネットワーク
maya
javascript
確率論
日本での日記
中国での日記
-- 北京での日記
-- 香港での日記
-- 澳門での日記
台灣での日記
北欧での日記
他の国での日記
qiita
その他の記事

記事の類別



ติดตามอัปเดตของบล็อกได้ที่แฟนเพจ

  記事を検索

  おすすめの記事

ภาษาจีนแบ่งเป็นสำเนียงอะไรบ้าง มีความแตกต่างกันมากแค่ไหน
ทำความเข้าใจระบอบประชาธิปไตยจากประวัติศาสตร์ความเป็นมา
เรียนรู้วิธีการใช้ regular expression (regex)
หลักการเขียนทับศัพท์ภาษาจีนกวางตุ้ง
การใช้ unix shell เบื้องต้น ใน linux และ mac
หลักการเขียนทับศัพท์ภาษาจีนกลาง
g ในภาษาญี่ปุ่นออกเสียง "ก" หรือ "ง" กันแน่
ทำความรู้จักกับปัญญาประดิษฐ์และการเรียนรู้ของเครื่อง
ค้นพบระบบดาวเคราะห์ ๘ ดวง เบื้องหลังความสำเร็จคือปัญญาประดิษฐ์ (AI)
หอดูดาวโบราณปักกิ่ง ตอนที่ ๑: แท่นสังเกตการณ์และสวนดอกไม้
พิพิธภัณฑ์สถาปัตยกรรมโบราณปักกิ่ง
เที่ยวเมืองตานตง ล่องเรือในน่านน้ำเกาหลีเหนือ
บันทึกการเที่ยวสวีเดน 1-12 พ.ค. 2014
แนะนำองค์การวิจัยและพัฒนาการสำรวจอวกาศญี่ปุ่น (JAXA)
เล่าประสบการณ์ค่ายอบรมวิชาการทางดาราศาสตร์โดยโซวเคนได 10 - 16 พ.ย. 2013
ตระเวนเที่ยวตามรอยฉากของอนิเมะในญี่ปุ่น
เที่ยวชมหอดูดาวที่ฐานสังเกตการณ์ซิงหลง
บันทึกการเที่ยวญี่ปุ่นครั้งแรกในชีวิต - ทุกอย่างเริ่มต้นที่สนามบินนานาชาติคันไซ
หลักการเขียนทับศัพท์ภาษาญี่ปุ่น
ทำไมจึงไม่ควรเขียนวรรณยุกต์เวลาทับศัพท์ภาษาต่างประเทศ
ทำไมถึงอยากมาเรียนต่อนอก
เหตุผลอะไรที่ต้องใช้ภาษาวิบัติ?

月別記事

2021年

1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2020年

1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2019年

1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2018年

1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2017年

1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

もっと前の記事

ไทย

日本語

中文